未来日記

未来日記

恋に、仕事に、日々の日常について語る日記です。日常に、ワクワクという名の希望を届けていきたい。

はじめましての方へ。自己紹介とブログを始めた理由。

黄未来(こうみく)、1989年生まれ。

2017年4月現在、社会人6年目になりました。6歳まで中国の蘇州で暮らしており、今は渋谷区に住んでいます。

 

興味がある分野は、ベンチャー、シェアリングエコノミー、若者のトレンド全般で、尊敬する人は冒険投資家であるジムロジャーズ大前研一さん、ケニアナッツカンパニーの佐藤芳之さんです。

 

幼少期に、質素な家庭(世帯収入200万円)で育ったわたしは、「大きくなって、今より大きな家に住めたら、きっと毎日もっと楽しくなるはずだ」と大人になることを指折り楽しみにしていました。

 

そして、大人になって念願の都心で一人暮らしするようになっても、

 

「彼氏が出来たら、毎日ハッピーになれるかな?」

「もっと痩せたら、毎日ワクワクできるかな?」

「もっと仕事で認められたら…」

「もっと器用に立ち回れたら…」

 

と、「○○があったら、もっと○○だったら…」という思考が底なしに止まらないことに気付きました。

 

f:id:loveworklife:20170403210427j:plain

ずっと行ってみたかったギリシャサントリーニ島を訪れても、大好きな恋人が出来ても、一瞬の幸せはあるけれども、ワクワク感を持続させることはとても難しい。

 

毎日が幸せだと思えるような深い満足感は、自分の思考パターンによって形成されるものであり、

ありふれた日常の中から如何に「面白い!」「ワクワクした!」「なるほど!」といった小さな発見や希望を発掘できるかが人生の質を高めるコツだと知りました。

 

それらの発見を書き留めるとともに、誰かに伝わって「面白い!楽しい!」といった感情を共有できたら、これほど嬉しいことはないと思い、ブログを始めました。

 

 

そしてもうひとつ、人生を通して証明したい、ある仮説があります。

 

その仮説とは、【正しさよりも楽しさ。能力よりも挑戦の数】ということ。

 

不器用な性格のためか、わたしは皆が当たり前のように出来ることが何故か自分には出来ないと、小さいころから悩む場面がたくさんありました。

 

例えば、いくら先生に注意されても、毎日名札を学校に持ってくることがとても難しく、何回も忘れて怒られたこと。

中学時代に一生懸命に取り組んだバスケットボール部でも、どうやって動けばよいか、最後まであまり理解できずに、全然上手くならなかったこと。

大学時代にどうしても勉強が身に入らずに、留年してしまったこと。

サークルの友人と仲違いして、途中でやめてしまったこと。

作成した資料を何回見直しても単純ミスがなくならず、上司に怒られたこと。

会議中で何度も寝てしまうこと。

 

「こうすればよい」、「正しいやりかたはこうだ」と、頭では分かっているのに、上手く立ちまわれずに苦労した過去の苦い思い出は、心の奥底にしつこくこびりついており、例えば今でも月に数回は試験前に全く勉強が進まないといった悪夢にうなされて起きることがあります。

 

一方で、そんなわたしでも、自分を思いっきり褒めてあげたくなるような瞬間が人生で幾つかありました。

 

f:id:loveworklife:20161022191556j:plain

それは、

 

中学時代、授業中に書き留めた小説を読んだ友達が喜んでくれたとき。

大学時代に手品ボランティアを立ち上げて、内戦終わりのスリランカの孤児院を訪問し、たくさんの子ども達の笑顔に出逢えたとき。

自分が考案したビジネスが大当たりしたとき。

またまた、自分が考案した別のビジネスが大コケして、大損したけれども、それがいいネタとなって、皆が笑ってくれたとき。

こうして書き留めた文章を、面白いね、元気が出たと言ってもらえたとき。

 

正しく、上手には出来なかったかもしれないけれども、「こうすれば楽しいはずだ」と自分で仮説を立てて実践し、周りに笑顔を届けられた瞬間は、毎回最高にスカッとします。生きててよかったなと、感じます。

 

不器用で、苦手なことがたくさんあるポンコツなわたしでも、一番大切にしている面白さ、ワクワクを突き詰めることによって、そして諦めずに何回も何回も何回も挑戦することによって、何か大きな価値を生み出すことができるはず。

 

そのことについて、人生を通して証明していきたいと思っています。

 

文章を読んでくださった方からコメントや連絡を頂いたり、「こんなことやってみない?」と提案を頂くのは、とてもとてもうれしいので、これからもドシドシ、どうぞよろしくお願い致します!

 

Facebookhttps://www.facebook.com/miku.kou 

(ブログには挙げていない雑多な記事を書いています。お気軽にフォローください。)

連絡先:mikukou(@)gmail.com

 

おススメ記事:

 

ビジネスマン、ビジネスウーマン向け

loveworklife.hatenablog.com

 

恋愛に、日常にがんばる女性向け 

loveworklife.hatenablog.com

 

 

仕事にちょっと疲れた方向け

loveworklife.hatenablog.com

 

未来日記 ブログ読者の方限定@9月16日 オフ会

最近、ありがたいことに、会ってみたい、話してみたい、とのお問い合わせを定期的に頂くようになりました。

  
ブログには書けないみくのすべらない話を出来たら、と思いますw

      
16日土曜日の19時に渋谷付近で少人数でオフ会を開こうと思いますが、もし参加したいという方がいらっしゃいましたら、コメント or Facebookまでメッセージください☆

 

Facebook

https://www.facebook.com/miku.kou

 

 

f:id:loveworklife:20170827183233j:plain

最上級に幸せな感情は、「わたしがわたしで良かった」という実感

土曜日の朝。

わたしは、とても悩んでいた。

 

週末にかけて、とある作成中の英文資料を、なんとかブラッシュアップさせなければいけない。

しかし、如何せん未経験の分野であるため、どこをどう直せばよいのかさっぱり見当すらつかなく、わたしは途方に暮れた。

 

英語ネイティブの友人達には、最低限の修正はすでに頼んでいたため、これ以上のアドバイスを得られるアテもなかった。

 

困り切ったわたしは、最後の頼みの綱として、ブログを楽しく読んでいますと、数週間前に連絡をくれたSさんを思い出した。確か、彼はアメリカの西海岸で仕事をしていたなと。ならば、今作ろうとしてるジャンルの資料に関して、多少なりとも経験があるはずだと、藁にもすがる思いで連絡をした。

 

「Sさん、このような資料を作ろうとしているのですが、よろしかったら、英語の部分だけでも少し見てもらえますか?」

 

「もちろん!こちらのアドレスに送ってください~」

 

二つ返事で快諾してくれたSさんに資料を送付したところ、15分後にこんなメッセージが来た。

 

「資料は読みました。追加で質問したいことと修正点がいくつかあるので、〇〇(私の最寄り駅)の喫茶店で作業しませんか?」

 

せいぜい1、2か所指摘をくれたら御の字だと思っていたところ、思いがけない真剣な返信に、わたしはとても驚いた。その後、急遽Sさんと初対面が決まり、1時間後に自宅で一緒に作業することが決定したのである。

 

そして、結論から言うと、Sさんはわたしに根気よく付き合ってくれ、

土日2日間あわせて8時間かけて、資料を丸ごとと言っていいほど作り直したのだった。

 

 

それはそれは、単調な作業の積み重ねだった。

 

「みくさんはどういうことを言いたかったの?とりあえず、日本語で俺に言ってみて」

「今言ったことならば、△△という表現の方が合ってるよね。」

「この部分がとても良いから、強調しよう。記載の順番を変えてみようか」

 

 とても根気のいる、面白味のない作業の繰り返しであるにも関わらず、

Sさんはわたし同等の真剣さで、完成度にこだわってくれた。

 

 

さらに、資料の中に、自分自身に関して詳細に記載する必要があった。

自分自身をさらけ出すことは、勇気がいることだった。少し緊張しながらも、わたしは、自分の生い立ちや価値観をいちから説明した。

 

「みくさん、それ、めっちゃいいね!笑」

「資料に落とし込めないけど、今の部分はすっごく面白いから、口頭で話そう!」

 

そう言っては、優しい笑顔と共に無邪気に励ましてくれた。

 

 

一日の作業が終わり、 Sさんを駅に送る道の最中に、ブログの話になった。

 

シリコンバレーで、誰もいない部屋で、ソファーに座りながら、みくさんのブログを見て、ひとりで爆笑してた」

 「遠い海を越えたところまで、みくさんの文章は届いていて、元気をくれたんだよ。」

 

歩きなれた街並みがいつもより煌いているように感じた。

あぁ、ブログをやってきて本当によかったと人生で一番強く思った。

 

Sさんの家の近くにすごく美味しい焼肉屋さんがある、という話になった。

ここまで手助けしてくれたSさんにお礼を込めてご馳走したいという意図のもと、「じゃあ、お祝いに行きましょう!」とわたしが言った。すると、

 

「うん!ばっちり成功させたら、俺のおごりでお祝いするから!٩(๑❛ᴗ❛๑)۶みくさん、絶対に大丈夫だから、あとちょっと頑張ってね。」

 

予想を遥かに超える優しさに出逢い、わたしは言葉を失った。

 

誰かから、こんなに純粋な優しさと愛情を受け取ったのは、いつぶりだろうか。

夕陽の光とともに、言葉に表せない温かい気持ちが、胸の中からただただ溢れ出てきた。

 

 

f:id:loveworklife:20160928225521j:plain

 

今年は近年の中でも、相当遊びつくした1年だったと思う。

美術展やディズニーランド、直島や日光、青森への1泊2日の小旅行。様々な魅力的な人と出逢い、行きたいところに行き尽くした。遊び尽くした9か月間だった。

 

それに対して、今週末は自宅に引きこもって合計8時間くらい、Wordファイルとにらめっこしていたので、見方によっては味気ないことこの上ない過ごし方だろう。

 

夏休みの終わりの海辺で、どうしてもどうしても、おっきな砂の城を作りたいと大泣きしていた8歳の記憶が蘇った。

こんな時間だし、なんの意味にもならないじゃないと、お母さんは呆れていた。お父さんも疲れたのか、手を止めて、タバコを吸い始めた。

その中で、通りすがりのお兄さんが、面白いね、おっきなの作ってるんだね!と、足を止めてくれた。そして、せっかくだから、トンネルもちゃんと作ろうね!と、スコップをもって一生懸命手伝ってくれた、そんな遠い昔の感動を思い出した。

 

「 お互いにとって有意義なこと、楽しいこと」に対して、誰かを誘うことは出来ても、互いに忙しい社会人である以上、余り魅力的ではなく、相手にとって得にならないことをお願いすることは、とてもとても気まずいことだ。

 

そんな中で、自ら進んで時間を割いて、同じ目線と真剣さで、なんの見返りなしに一緒に取り組んでくれたSさんからは、溢れんばかりの優しさと愛情を感じた。

 

にじみ出る様な温かい愛情が、どんな刺激よりも、遊びよりも、幸せな気持ちにしてくれるのだと気が付いた。

 

そして、自分から去っていく人に心を痛めることがあっても、このような素晴らしい出逢いがひとつでもあれば、傷ついた気持ちも含めて、人生をまるごとプラスにしてくれるのだ。

 

だからこそ、さよならを、そんなに怖がらなくてもいいのかもしれない。

幸せは近くにあるという言葉も、案外ウソではないかもしれない。

 

 

いっぱいもらったやさしさと愛情をもって、今はなんだって出来る気がするよ。 

Sさん。本当に本当にありがとう。

究極的に、恋に落ちるキッカケは「顔・身体・匂い」以外あり得ない。

ことのきっかけは、あるイケメンに「未来は、俺のどこが好き?」と聞かれたことだ。

 

こじらせたイケメンと美女あるあるのこの質問。

 

言外に、

 

「外見以外で、わたしのどこが好き?わたしの内面の良さ、ちゃんと見てる?わかってる??」

 

という意味がこもっている。わたしの良さは外見だけじゃないのよ。内面の良さを見つけて!気付いて!そして、褒めて!臭がプンプン漂っている。この意図をしっかりとキャッチ出来れば、

 

「好奇心旺盛で頑張り屋さんなところ!」、「優しいところ」、「ユニークで感性豊かなところ」と、いった模範解答に簡単に辿り着くことが出来る。ようは、内面に関することなら何でもよいのだ。逆に、地雷は、美人、イケメン、目が綺麗、セクシー、スタイルが良い…といった類の答えである。

 

因みに、わたしは当時、しっかりとこれを認識していた。が、認識はしていたものの、どこか嘘をつきたくない自我が勝ってしまったのである。

 

言葉を濁しても、話題を逸らそうとしても、「どうして好きになってくれたの?」、「どこを好きになったの?」と何回も何回も聞かれ、遂に、「……カッコいいところ?」と、正直な心の声が喉から漏れてしまった。

 

次の瞬間、彼は失望したように目線を落とした。

「結局みくも、自分のそういった浅いところしか見ていなかったんだ…」と言いたそうにため息をつき、わたしの恋はあっけなく幕を閉じたのである。

 

 

f:id:loveworklife:20161002193450j:plain

f:id:loveworklife:20161002193438j:plain

↑引き続き。昨年佐渡島へ旅に出た時に、ヒッチハイクで乗せてくれた現地の方々。人々のやさしさに触れた旅でした。

 

「それなら、俺よりカッコいい人なんていっぱいいるじゃん。顔が整っている人だって。背が高い人だって。」

 

彼は言葉を続ける。

 

違う、そうじゃない…。

いろいろ言いたいことはあったけれども、胸に言葉が詰まり、うまく説明できなかった。

 

あの時の悔しく切ない気持ちを思い出しながら、キーボードを叩いている。

 

まず、持論として、わたしは究極的に恋に落ちるキッカケは、顔・身体・匂い以外あり得ないと思っている。

 

もちろん、優しいとか、その人独自の個性や良さ、価値観に共感出来るとか、そういった要素はとても重要だ。そのような「いいなぁ」、「素敵だなぁ」といった気持ちの重なりによって、相手に対するプラスの感情がどんどん、蓄積される。

 

しかし、それで恋に落ちるのかというと、全く別問題である。

 

恋はポイント制ではない。

 

通常時ではかなりマイナス評価の相手であったとしても、何かのきっかけによってすごくドキッとさせられる場面に出くわせば、一気に恋に落ちることがある。逆に、どんなに優しくても、人間的に尊敬できても、いつまで経っても恋に落ちることが出来ないことも往々にしてあるのだ。

 

よって、恋はもっと生物的なものに紐づいていて、それが、顔、身体、匂いなのだと思う。

 

それは、イケメン、美女である必要がある、という意味では全くない。

くしゃっとした笑顔や、不意にちらつく傷ついた表情。柔らかそうな体つきだったり、強がる言葉の裏に隠された、少し自信がない目つきだったり。ふんわり漂う優しい香りや、大好きな映画について、意気揚々と語る横顔。

 

このような、その人らしい素の一面を不意に発見した時、恋に落ちる、といった瞬間に出逢うのだ。

 

それに、そもそも内面の長所ほど、頼りないものはない。

どんなに頑張り屋さんの人だって、さぼりたくなる時もある。

好奇心旺盛でアクティブだといっても、部屋の片隅に引きこもりたくなる時もある。

余裕がなくなって、人に当たってしまったり、

誰かのやさしさを受け取れずに、傷つけてしまうこともあるだろう。

 

だからこそ、わたしは大切な人にこそ「あなたの頑張り屋さんなところが好き」といった言葉を、軽々しくかけないようにしている。だってそれは、裏を返せば、そういうあなたじゃなければ好きじゃないという呪縛になるから。

 

例え頑張らなくても、力を抜いても、気まぐれでワガママで、人の気も知らずに面倒くさい議論を吹っかけてきたって。

 

あなたがあなたらしく居てくれるだけで、いたずらっ子のように笑ってくれるだけで、わたしの目にはいつでもかっこよく映るんだよって、一緒にいて幸せになれるんだよって。そう伝えたくて、でも言葉足らずで全く伝えることが出来なかった、そんなもどかしい思いが詰まった、若き日の思い出でした。

一発屋は誰でもなれる。持続して、面白さを保つのはめちゃくちゃ難しい。

ここ最近、何か面白いことを書こう、役に立つことを書こう、と思う度にキーボードを打つ手がズシリと重くなる。

 

クリエイティブとは、水のようなものだ。

自分の中で「表現したい何か」が腹の底から段々と沁みだして、徐々に沸きあがり、じわじわじわじわと水位を上げ、もうこれ以上は抱えきれない…!と溢れ出した時に、形となり、文章となる。

 

よって、放っておくと、たまにドドドと湧いたと思えば、そのあとはずーっと止まったりと、とても気まぐれな頻度での制作しかできない。

 

その気になってハッスルすれば、一発屋となって、ひとつだけ良い作品を残すことは出来るだろう。しかし、継続して質の高いアウトプットを出すためには、絶えず心からクリエイティブな発想を産み出す習慣と、それを確りと形に残すための工夫が必要不可欠だ。

 

質の高いクリエイティビティを、継続して発揮し続けること。

 

これは、わたしが思っていたよりも、ずっとずっと難しいことだった。

 

f:id:loveworklife:20161002193416j:plain

去年、佐渡島ヒッチハイクで旅した時に道端で発見した牛(!)。

 

敬愛する久石譲さんは、こんなことを言っていた。

 

・生涯に一作であれば、誰でもいい曲がつくれる。(中略)だが、仕事は"点"ではなく"線"だ。集中して物事を考え、創作する作業を、次へまた次へとコンスタントに続けられるかどうか。(中略)優れたプロとは、継続して自分の表現をしていける人のことである。さらにいえば、プロとして一流か二流かの差も、力量を維持継続していけるか否かにかかっている。

 

確実にたくさんの曲を作りつづけていくには、気分の波に流されてはいけない、という意識が僕には強くある。

 

僕の場合、作曲の作業に入っているときは生活も一定のペースを保ち、できるだけ規則的に坦々と過ごすように心がけている。

 

・頑張ろうとすれば、夕食抜きでぶっ通しでもできる。朝までやることもできる。しかし、それをやってしまうと過度な負荷をかけることで、翌日の効率が確実に落ちる。マラソンランナーと一緒で、長距離を走り抜くにはペースを崩さないことだ。

 

 

感動をつくれますか? (角川oneテーマ21)

感動をつくれますか? (角川oneテーマ21)

 

(イケダハヤトさんのブログから引用) 

 

今までいろいろな人のブログを読んできて、不遜ながらも、

 

「意外と普通の内容だよなぁ、そんなに毎回面白いことを言っているわけじゃない。これならわたしでも書けるじゃん」

 

と思っていた。

 

しかし、毎日たったのひとつでも、しっかりとした記事上げること。

それはこのチャレンジをスタートする前からは想像できないくらい、難しいことだった。

 

 

書いても書いても、面白い文章が出てこない。

時間をつぎ込んでも、ありきたりなことしか書けない無力感。

面白いことにプライドを持っていたのに、意外と大したことない自分。

 

そんな自分のダサさに失望しながらも、

これが今の自分の実力だと、しっかりと受け止める。

 

そして、少しでも昨日より前進できるように。

恒常的にクリエイティブさを発揮できる習慣を身に着けるために。

 

出来ることを少しずつ積み重ねていきたいと思うので、これからもご愛読いただけると、とても嬉しいです。

電気自動車テスラは最強のモテアイテムとなり得るのか ~女目線からの考察~

先週土曜日に、青山にあるテスラのショールームへ行き、念願の新型車であるモデルXの試乗を行った。

 

f:id:loveworklife:20170827215532j:plain

テスラ社のショールーム伊藤忠商事の真ん前でビックリ。

 

テスラの基本情報をおさらいをすると、

 

  • 2003年に創業された電気自動車に特化したベンチャー
  • CEOのイーロン・マスク氏は”世界最高の起業家”と言われているすごい人。
  • すべての車両に完全自動運転機能対応のハードウェアが搭載。
  • ただし、実現には各国・地域の認可が必要となり、まだ実用に至っていない。
  • 時価総額は約6兆円で、一時全米自動車メーカー第1位に(2017年8月現在。因みにトヨタ時価総額は20兆円)

 

 これだけを見ると、

 

「ハイハイ、トヨタの1/3くらいの規模のアメ車メーカーね(*´ω`*)

 

くらいの感想かもしれない。けれども、次のデータを見て欲しい。

 

f:id:loveworklife:20170828191255p:plain

 

このは昨年の両社の決算書類から引っ張って数字であるが、2016年、トヨタは1000万台生産しているのに比べて、テスラの生産台数は135分の1となるたったの7.6万台にとどまる。

 

大衆車を生産するトヨタと違い、テスラが展開している車が価格帯が高い電気自動車のみであるため、市場が小さいのだという事実を差し引いても、売上高で35倍の開きがあり、最終損益では万年赤字垂れ流し、更には黒字化のメドすら立っていないのに、6兆円もの時価総額を付けているのが、このテスラ様である。

 

更に、先日ジャンク債を発行した際も、瞬く間に飛ぶように売れたことも記憶に新しい。

jp.reuters.com

 

f:id:loveworklife:20170828192252j:plain

テスラCEOのイーロンマスク

 

これがどれほど凄いことであるか、お分かりいただけただろうか。

 

実績がまだまだ出ていないにもかかわらず、テスラが株式市場でこれだけ人気がある理由は、世界中の人々から期待されているから以外に他ならない。

 

「でも、電気自動車や自動運転技術は、他の自動車メーカーも開発しているじゃない。テスラは何が違うの?(。・ω・。)

 

まず、テスラは電気自動車だけにフォーカスして、生産開発している世界唯一の自動車メーカーであり、これは非常に前衛的なことである。なぜならば、通常の自動車メーカーは既存のガソリン車を生産するためのノウハウ、工場ライン、開発人員、下請け会社等大量の有形無形の財産を抱えている。しかし、電気自動車へ生産を振り切った場合、技術もノウハウもガソリン車とは全く異なるため、これらは一瞬にして負の財産となってしまう。また、電気自動車が売れれば売れるほど、メイン商品であるガソリン車の売り上げが下がってしまうといったジレンマもある。

 

よって、トヨタをはじめとする大手自動車メーカーはどこも電気自動車への開発に本腰を入れることが出来ていないのが現状だし、今後もすぐには状況は変わらない。

 

また、自動運転技術はレベル1~5まで段階別に分かれており、レベル4以上になると、運転手を必要としない自立運転が実現可能となる。

 

そして、テスラ社は唯一、現在自動運転4の技術まで開発が進んでいる自動車メーカーなのだ。

 

smatu.net

 

 

「売上も技術もどうでもいいから、モテるかどうか教えてくれよ!(」`o´)」

 

おっと、ついついギークの血が騒いで、長々と語ってしまった。

下記にて、わたしが長年憧れたテスラに、遂に試乗出来た万感の思いがこもった当日の感想をレポートをするとしよう。

 

 

 

 

「わっ☆ドアが上から開いた~!すご~い!(๑˃̵ᴗ˂̵)و」

f:id:loveworklife:20170827215429j:plain

 

f:id:loveworklife:20170828200529j:plain

 

 

「なんかおっきいiPadがある~!╰(*´︶`*)╯」

f:id:loveworklife:20170827215445j:plain

 

f:id:loveworklife:20170828200744j:plain

 

 

 

「トランクが前にも後ろにもあるよ~いっぱい荷物入れそう( •ॢ◡-ॢ)-♡」

f:id:loveworklife:20170828200600j:plain

f:id:loveworklife:20170828200541j:plain

 

 

以上である。

 

当日は車が大好きだという車☆男子な友人Sに一緒に来てもらったが、

彼は隣で、

 

  • 3.1秒で時速100kmまで加速させる場面で感動したり、
  • 前後12個の超音波センサーによって自動で車間距離調整をする機能に驚いたり、
  • 自動車高調整機能に唸ったり、
  • 最新の音響機能に舌を巻いていたり、

 

といちいち感動するのに大層忙しい様子であり、試乗後には

 

「本当に本当に楽しかった・・・・!あー、テスラすっごくほしくなっちゃった><」

 

と大変ご満悦の様子であった。

 

しかし、車に疎いわたしみたいな一般人にとっては、誤解を恐れずに言うと、

 

テスラ=おっきい車+でっかいiPad

 

という印象しか残らなかった…(白い目)

 

確かに、快適であったし、最先端技術満載であることは理解できたけれども、残念ながら、普段運転をしない人にとっては凄さも楽しみもほとんど実感できないのである。

 

特に、3.1秒で時速100kmまで加速することにロマンを感じるのは、女性がネイルにこだわるのと同じくらい、異性からは全く理解できない男性特有の感情だと断言できるwww

 

なぜ男性って加速度や最高速度に興奮するんですか?

誰か教えてください…。

 

よって、長くなったが、題名の「テスラはモテアイテムとしてなり得るか」に対する答えとして、NOであり、おっきめの車とディスプレーで十分に代用できるという結論に至った。

 

「俺、1年前にこのレクサスを買ったときには、こんなにカッコいい車はないと思っていたけれども、今日テスラに乗ってすっかり自信を無くしちゃった…( ´・ω・`)

 

試乗後、愛車で家路まで送ってくれている中、肩を落とすSくんがとても可愛かった。

 

しかし、Sくんのレクサスとテスラの機能的な違いが、わたしには、今でも、さっぱりわからない。

 

しょんぼりとするSくんの横顔を見て、来年の誕生日には、大きなiPadをプレゼントしてあげよう、と心に誓った。

 

page.auctions.yahoo.co.jp

 

「やりたいことが見つからない」と悩む理由は、貧乏だから。つべこべ言わずに、お金を稼ごう。

昨日は、友人の室岡さんに誘われてBornrex社主催の社会人向けの生き方を考えるイベントに参加し、下記3点についてディスカッションした。

 

①日々ワクワクしているか

②時間の使い方/余裕に満足しているか

③経済的に満足しているか

 

言い換えると、「今の仕事に楽しんで取り組めているか。時間的にも金銭的にも満足できているか。」という問いかけであった。

 

なぜか、大企業で働くアラサーになると、「仕事が楽しくない…。将来に対してなんとなく不安を感じる…」と日々モンモンし続けるモンモン族が大量発生する。

 

「やっぱりお金じゃなくてやりがいだよね…」と22時過ぎの鳥貴族で、同じく疲れ切った同期たちと示し合わせたかのようにつぶやくけれども、

 

そもそも、やりがいを感じることが何なのか、分からない。

会社を辞めてまで、やりたいことが特にない。

絶対的に会社が嫌だというわけでもないけれども、今のままだとダメだと焦りが止まらない…。

 

思考が常に脳内をぐるぐるぐるぐる回るものの、答えが見つからない。

次の一手も分からないから行動もできない。

 

何を隠そう、少し前のわたしもモンモン族の長老として君臨しており、

 

なんとなく同じ毎日を繰り返す→→不安だ→→悩む→→やりたいことが分からない→→得意なこともわからない→→行動できない→→なんとなく同じ毎日を繰り返す…

 

といった不毛な無限ループを繰り広げていた。

 

そして、誕生日といった節目のイベントが来るたびに、

 

「やばい、去年と全く何も変わっていないじゃん…。。そして同じ事で悩んでいる…(驚)!」

 

と、自分の進歩のなさに絶望したものである。

f:id:loveworklife:20170827183233j:plain

 

でも、最近少し確信をもちつつあることがある。

 

それは、

 

やりたいことが見つからないと悩む理由は、ただ単純に自分が貧乏だから。

 

 「いや、それはお前だけだよ。少なくとも俺は、今の自分の給料には満足している。」

 

そういった声もあるだろう。

 

しかし、あなたは仮に今の給料に満足していても、会社を辞めてしまったら収入が下がってしまうかもしれない、という恐怖心に駆られているのではないだろうか。でなければ、つまらないと感じている仕事を、モンモンしながらも続けている理由はないはずだ。

 

 

例え資産を1億持っていたって、自分自身でキャッシュフローを産み出せない人(お金を稼げない人)は、常に未来に不安を抱き続けるのだろう。

 

その状態を貧乏と呼ばずに、なんと呼ぶのだろう。

貧乏になるタイミングが今なのか、未来なのか、と時間軸が違うだけなのだから。

 

更に、よーく考えてみると、「やりたいことがない」というのにも、色々なバリュエーションがあることに気付く。

 

①「やりたいことがない(けど、とりあえず仕事を辞めたい。)」

②「やりたいことがない(自分の持ち金の範囲内で、やりたいことがない)」

③「やりたいことがない(自分の持ち時間の範囲内で、やりたいことがない)」

 

この内、①や②は、自分がお金を産み出せたら解決する話である。③も、100%解決とまでいかなくても、お金があれば買える時間はたくさんあるわけで(移動時間をタクシーにする、家事代行を頼む等)、改善できる余地はたくさんあるはずだ。

 

更に、

 

「自分に向いていること、得意なことをやりたい。けど、それが何かわからない」

 

と悩んでいえる人もたくさんいるが、これに対する回答は更にシンプルである。

 

何故なら、自分が一番稼げる分野が、自分にとって一番向いている分野そのものであるからだ。

 

だって、向いていない分野で良い結果は残せないし、良い結果が残さなければ、長期的にその分野で稼げるわけがない。

 

更に、人はたいてい得意なことを好きになり、好きなことをやって結果がでたら、自然とやりがいを感じるものである。

 

よって、シンプルに「自分は何をしたら一番稼げそうか」と戦略を立てて実行していくことが、自分自身の才能を発掘する一番の近道だし、それを続けていく過程でやりたいことが自然と顔を出していくのだ。

 

だから、「お金よりも、やりがい…!」と負け惜しみを言うのはもう辞めて、お金を稼ごう。

 

 今も、未来も、ずっと豊かでいられるように。

自分のやりたいことを、物理的に、精神的に制限することがないくらいに。

 

 

はじめての方へ↓