未来日記

未来日記

恋に、仕事に、日々の日常について語る日記です。日常に、ワクワクという名の希望を届けていきたい。

100%の納得感をもってしか選択できない自分の弱さ

今日、友人と銀座で3万円弱のジーンズを買った。

 

今までの人生の中で2980円 or 3980円のUNIQLOのジーンズしか買ったことないわたしからすると、とんでもない高級品であった。

 

では、清水の舞台から飛び降りる程の決断であったかというと、意外とそうでもなく、試着した途端に足が「+30%長く&-30%細く見える」という奇跡を発見した瞬間、わたしは悩むまでもなく購入を決意した。

 

身銭を切る買い物ひとつとっても、このような100%納得感のある選択肢に出逢えることはとても珍しい。

 

大抵は、「形はいいけど、色がちょっとチャレンジグだなー…。」とか、

「デザインはパーフェクトだけど、持ち服と合うかどうか…」とか、

「まぁまぁ可愛いけど、このお金を出して買うほどの価値なのか…」など、

 

何かしら理由を見つけては、躊躇してしまう。

 

親に反対されてもこの人と結婚したいとか、

安給で先行不透明でもこの仕事に挑戦したみたいとか。

 

100%の納得感を感じた場合は、コスパを考えるまでもなく、世間体を気にする間でもなく、自分でも拍子抜けするくらい、大胆に軽々と飛び込めるのだろう。

 

とても稀だけれども、わたしたちはそのくらいの満足感、納得感を人生どこかで経験して知っているからこそ、ついつい待ってしまうのだ。もっと良いもの、もっと良い人、もっと良いタイミングはないのかな…と。

 

だけど、それ程確信を持った選択肢に出逢えることは、人生そうそうなくて、

大半は、不安で、不明瞭で、目をつむれないほどの欠陥がある一方、目を逸らせない程の魅力的をもった選択肢が行く先々に散りばめられている。

 

その不安を取り除こうと、欠陥を何とか埋めようともがいても時間が過ぎていくばかりだ。それじゃあ、服一枚も買えなくなってしまう。

 

だから、70%の納得感でも、まずはえいやと飛び込める自分でありたい。

選んだ後に120%の納得感を持っていく努力をし、それでもダメだったら潔く手放して、また選び直そう。

 

そのくらいの柔軟性とたくましさを持ち合わせていれば、もっともっと、たくさんのワクワクを掴める自分になれるはずだ。

 

 f:id:loveworklife:20170603220743j:image

 

Facebookhttps://www.facebook.com/miku.kou 

(ブログには挙げていない雑多な記事を書いています。お気軽にフォローください。)

 ↓はじめましての方へ

 

loveworklife.hatenablog.com

 

↓おすすめ関連記事

 

loveworklife.hatenablog.com

 

 

loveworklife.hatenablog.com