未来日記

恋に、仕事に、日々の日常について語る日記です。日常に、ワクワクという名の希望を届けていきたい。

100%の納得感をもってしか選択できない自分の弱さ

今日、友人と銀座で3万円弱のジーンズを買った。 今までの人生の中で2980円 or 3980円のUNIQLOのジーンズしか買ったことないわたしからすると、とんでもない高級品であった。 では、清水の舞台から飛び降りる程の決断であったかというと、意外とそうでもなく…

12kg痩せたダイエット記

女友達に体型維持に関して質問されたので、10年間に渡る、自分のダイエット史を振り返ってみた。 私は元々太りやすい体質で、12歳のころから22歳まで毎日体重に関して思い悩み、朝夕欠かさず2回必ず体重計に乗っては100g単位で一喜一憂する日々を送っていた…

はじめましての方へ。自己紹介とブログを始めた理由。

黄未来(こうみく)、1989年生まれ。 2017年4月現在、社会人6年目になりました。6歳まで中国の蘇州で暮らしており、今は渋谷区に住んでいます。 興味がある分野は、ベンチャー、シェアリングエコノミー、若者のトレンド全般で、尊敬する人は冒険投資家である…

コーヒー豆が教えてくれた人生で最も大切なこと

「若い人は、社会の希望なのよ」と母が言った。 「おっぱいには、希望と夢が詰まっているんだよ」と兄が言った。 「コーヒー豆には、希望と夢と人類の叡智が詰まっているんだ」と課長が言った。 若さ=希望 おっぱい=希望+夢 コーヒー豆=希望+夢+人類の英…

【全メンヘラ女子に捧ぐ】史上最強の自己啓発は、引き寄せの法則でも、7つの習慣でもなく……財務諸表である。

尊敬する先輩の異動が決まった。 人事異動が日常茶飯事な我が会社で、数えきれないほどのさよならを経験した。 でも、こんなに悲しい気持ちになったのは初めてだった。 涙をこらえて部内会議をやり過ごしても、業後まではこらえきれず、セブンイレブンでマス…

【お隣の社会は、未来を覗く窓】

小さい頃、「未来のことは神様しか知らないんだよ。」とお爺ちゃんに教えられた。 だから、何が起こってもいいように、しっかりと勉強して立派な大人になりなさいと。 でも、大人になってから、個々人に降りかかるミクロ的な未来は分からなくとも、社会の様…

あなたの、光になる。

素敵な先輩が異動してきた。 如何にも商社マン街道まっしぐらに歩んできました、と言わんばかりの会社人生40年戦士の先輩は、歓迎会で腹を抱えるほどのユーモアを混ぜこんだスピーチを披露してくれ、わたしをおおいに笑わせ、感動させた。 そして、歳にして3…

28歳になりました。 Happy ever afterのその先へ。

年が明けて、気持ちはForever 21ですが、あれよこれよと誕生日を迎えました。 去年は20代の中で一番印象的だった1年であり、27→28に変わる今年は、19→20へ変わる瞬間と同じくらい、胸の中で感慨深いモノがありました。 20歳の誕生日の前日、大きな節目を前に…

2016年の振り返り

2016年の幕が閉じた。 昨年は20代の8年目で、あらゆるジャンルにおいて、一番勇気を出した年であり、一番挑戦した年でもあった。 120%の行動に対して、結果は70%というところで、最後まで思い通りにいかずに積み残した課題もたくさんある。2016年は今の自分…

恐怖を取り除くのはポジティブシンキングではなくて、ロジカルシンキング?否、やっぱりポジティブシンキング。

大好きなキングコング西野さんが、興味深いインタビューをアップしている。 shigotonadeshiko.jp 特に、下記一文には非常に共感した。 僕は、恐怖を取り除くのはポジティブシンキングではなくて、ロジカルシンキングだと思っています。『こうで、こうで、こ…

楽しみな予定ほど、ドタキャンされても全然構わない。

旅行の飛行機をとるときは、いつも緊張する。 名前や生年月日は間違っていないか。 日程はあっているか。 手配する立場として、本当に無事に旅行を実行させられるのか…。 12月中盤に台湾旅行へ行くことが決まり、Skyscannerでチケットを手配した今朝も、例に…

賢さとは、自分という乗り物を上手に使いこなすこと。

ハローウィンのワクワクする空気感が溢れる渋谷の土曜夜、騒がしい街の隅っこで学生時代の友人5人組で、しっぽりとおでんを突っついた。 順々と近況報告をしていく中で、Aくんは、8年間付き合っていた彼女と別れて傷心中との情報が共有された。穏やかで優し…

似ているから、嬉しい。違うから、楽しい。

「似ているから、嬉しい。違うから、楽しい。」 就活時に、どこかの企業のキャッチフレーズとして見つけた言葉である。 学生の時は、せいぜい2-3歳違いの先輩後輩で固まっていたのに対し、社会に出てからは、否応にも20,30歳違う先輩や国籍、バックグランド…

「選ばれない」痛みは、いつも鋭く胸を刺す。

今日、とある社内選考の面接を受けた。 面識がない面接官2人を前に、膝を震わせながら思いを伝えた15分。 キリキリとした緊張感漂う空間の中で、限られた時間と相手の反応を伺いながら、自分という人間を語る。信念を語る。夢を語る。 終了の合図がして、お…

差し出された好意ではなく、拾い上げた素顔に人は恋をする。

「笑いってね、2種類あるんだよ」 雨が降る昼盛り、オフィス下の焼き鳥屋さんで親子丼を頬張りながら、先輩(36歳、既婚、子連れ)が呟いた。 「お笑い番組を見ている時のような愉快な笑いってあるでしょ。でもね、子供を持つと、幸せな気持ちから滲み出…

過去と他人と自分は変えられない。でも、未来は変えられる。

先週、9年ぶりに会う友人と飲んだ。 久しぶりすぎる再会に、待ち合わせまではドキドキしたけれども、実際に顔を合わせると二人を隔てていた時間や空間が瞬く間に消えていった。 心の奥底にしまっていた思い出がポップコーンのようにポンポンと飛び出し、くだ…

シンゴジラにみる最強の恋愛戦略

巷では完全無欠コーヒーが流行っているが、私はひょんなキッカケで、完全無双デートたるものを、発見してしまった。 本戦略は、非常に強力だがやや刺激が強い為、女性諸君には、申し訳ないがそっとブラウザを閉じてほしい。そして、男性諸君は刮目して一句一…

恋心に駆られた女子高生が、大学医学部の解剖実験に乗りこみ、遺体に靴下を履かせた話。

仕事も、恋も、何事も引き際が一番難しい。 早く引きすぎれば、逃げてしまったのではないか、もっとやれることがあったのではないかと、自分を責める。 ズルズルと続けてしまった場合は、決断力、方向転換する勇気のない自分を恨む。 引き際において、100点…

撮影女子会に見るビジネス戦略

撮影女子会というサービスをご存じだろうか。 satsueijoshikai.com レストランや居酒屋でダベるという元来の女子会スタイル一石を投じた提案であり、女の子達皆でプロによるメイクアップ&撮影をして記念に残そうというサービスである。 このビジネスの発起…